言語は音の世界にある!文字は音を表記しただけだから英語は音で理解できなくては学習したことにならない

英語学習は音から!

英語の勉強法

英語は英語の音で学習すべきで言語は音の世界にある

更新日:

英語を学習するといっても、いろいろある。リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング。

それぞれが大事だが、ここでポイントなのが、その学習順序だ。一般的な英語学習でいうと、リーディングから入る。

最近の子供の英語学習を見ていると若干違うようだが、それでも基本的には、英文を和訳するリーディングが主体なのは間違いなさそうだ。

ところが、言葉というのは、音で成り立っている。

言語は音の世界だ!

今でこそあまりいないが文字が読めない人は存在する。しかし、そのような人たちでも会話は成立する。それは言葉は音でやりとりするからだ。読むとか書く行為は音と文字を変換しているだけに過ぎない。この文字と音を変換ができるか否かが文字を読めるか読めないかの違いである。

子供が言葉を学ぶ順番としては、まずはリスニング、そしてスピーキングが行われる。この後に本を読んだりして、リーディングを学び、最終的にライティングもできるようになる。

日本語で考えれば、読める漢字なのに書けないことはよくあることだし、書く行為は一番後回しだ。文章を書くのが苦手という人はいくらでもいる。

もちろん、この学ぶ順序というのはあくまでも、どっちが先かを考えた結果であり、実際には同時並行で行われる

リスニングが完璧になってからスピーキングに行くわけではなく、まず最初にある程度のリスニングでインプットをして少しずつアウトプットし始める。

全てが同時進行していくわけだが、どれが一番先行しているかと考えれば、恐らくリスニングだろうと思う。赤ちゃんは2歳頃までは聞くことに徹している。

なぜなら、聞こえない音は発音できないし、発音できない音は聞こえない

しかし、厳密に言うと、発音できない音は聞こえにくい。聞こえにくいが、頑張れば多少は聞こえるので、じっくり耳を傾けて聴き、聞こえた音を発声してみることを繰り返していくと次第に聴き分けられるようになる筈なのだ。

従って、英語学習において、まず最初にやらなくてはならないのは英語の音に耳を慣らすこと、そして、口や舌を慣らすことだ。

全ての発音記号の音を聴きわけ、そして発音できるようになることが最優先事項だ。

英語の発音の練習をするのが英語学習の序章

まず最初に、発音の練習をする。 もしかすると、発音の練習を先にしなくてもいいのかもしれない。しかし、練習しておいた方がいいだろうと思っている。 というのも、人間の耳はよくできていて、関係のない音は弾い ...

続きを見る

 

このときやりがちな間違った方法は、聞き流すこと。残念ながら聞き流していては、耳は日本語の周波数から抜け出せない。何かをしながらは、基本的に聞き流しなのでダメだ。聞き流すのでなくて聴かなくてはならない

私自身、散歩しながら、ランニングしながら英語の音声を聞いていたことがあるが、半年ほど続けてみたが全く効果がなかった。一応、自分では意識を耳に置いていたつもりではあるけど、やはり中途半端なのだろう。

こういう聞き流しは、耳が慣れてしまった後、英語の発音が聴き分けられるようになってから行うべきで、初期の段階では絶対にやってはならない。時間の無駄だ。

しかも、勉強している感がある。勉強しているのに成果が出ないという何とも言い難い気持ちになるのだが、そもそも無駄なことをやってるのだから成果が出るわけがないのだ。

 

リーディングは音への変換

ところで、皆さんが本を読むときは、黙読をするだろうか?それとも音読だろうか?

子供が最初に本を読むときは音読が多いように思うが、次第に黙読となっているだろう。

そう、黙読する。黙読は頭の中で文字を音声に変換して理解している。速読をする人は文字をそのまま理解できるようだがほとんどの人は一度音声に変換してから理解しているはずだ。

私など、どういうわけか音読をするとほとんど意味が分からなくなる。発音することに意識がいきすぎて頭に意味が入ってこないようだ。だからといって黙読で音声変換せずに読もうとしても全く意味が頭に入ってこない。

例えば、I study English.という英文がある。

このとき、私たちは、「アイ、スタディ、イングリッシュ」と読む。さすがにこの程度の英文だと、これでだいたい意味が分かるだろうが、もうちょっと複雑な英文だとすると、この次に和訳する。

このとき「私は、勉強する、英語を」という日本語の音に変換する。ここでポイントなのは音に変換しているという点だ。恐らく日本語の文字に変換して考えている人はいないだろう。

すなわち、言葉は音で理解するのだ。

ここでは、和訳をしたが、本来は、I study English. という音のまま理解できるようになりたい。もし、Englishという単語の意味が分からないときにだけ、日本語と紐付けて「英語」という音を引っ張ってくればいい。

当たり前だが、音の世界なのだから諸行無常だ。後戻りして考えている暇はない。聞こえた音をそのまま理解していくようになるのが、言語の学習なのだ。

それは、リーディングでも同じことだ。文字を読むということは文字を音に変換して理解しているのだから、英語の音を理解できる脳がなくてはならないのだ。それ以前に、文字を音に変換できなくてはならない。

逆に考えれば、もしあなたが速読で英語を読もうとしているのであれば、音をすっ飛ばしてもいいのかもしれない。私は速読ができないので文字で意味を認識できるのかはよく分からないが、音変換しなくてもいいのなら、英語だって文字だけで認識できるはずなのだ。ならば、音を学ばずに文字で意味を理解する学習をした方が手っ取り早いのかもしれない。

でも、もし速読ではなく、普通に聴き、話し、読み、書くことをしたいのなら、まずは英語の音を理解する学習をすべきだろう。

 

 

まとめると、英語を話す声の音を聞きとれるようになるのが、第一段階。そして、聞こえた音のまま理解できるようになるのが第二段階だ。

次に文字を英語の音に変換する、言い換えれば音読できるようになるのが、リーディングで、これは英語の音声を理解できた後の話で、第三段階だ。

間違ってはいけないのが、これらはそれぞれを順番に繰り返し行い、次第に難しい英文に対応していく。

第二段階で難しい英文の意味が理解できるようになるまで音読をしないということではない。

英語脳とか英語回路とか

英語脳というとなんだからそれっぽいが、別にどうってことはない。単に英語の音を音のまま認識できるだけの話だ。

日本語と英語は文法が全く違うから難しいといわれることもあるが、それは文字情報から理解しようとするからそう感じるだけで、音の世界ではどうでもいい。

文法は英語学習する上では学んだ方がいいが、文法はあくまでも後付けの概念だ。

少なくとも私は、日本語の文法なんてほとんど知らない。学校で多少学んだとは思うが、たぶん大して理解はしていないし、そもそも全く覚えていない。

自分の子供が、五段活用がどうとか言ってるのを聞いても、遙か遠い昔に聞いた記憶があるだけで、それが日本語の文章を組み立てる上で役立つことはなさそうだ。少なくとも知らなくても何とかなっている。

だから、英語の文法も知らなくても問題ない。ただし、外国語はネイティブほどのインプットが得られないので、それを補完するという意味で文法を知っていれば役立つ。どなたかの本で文法は地図のようなものだとあったが、だいたいそんなイメージだと思う。どこかに行くのに地図はなくても行けることは多いだろうが、迷ったら地図を見た方が早い。でも地図の見方が分からなかったら意味がない。だから文法は学んでおいて損はない。

しかし、補完するだけの話だ。

そもそもネイティブの多くは文法を理解していないだろうし、間違った文法の言葉も沢山ある筈だ。SNSなどで書かれている文章を文法を元に解読しようとしても難しい可能性はある。

だから文法ばかりを頼りにすると、意味を間違えてしまう可能性もある。

それでも、本を読んだりする場合は、そういうリスクはかなり低いだろう(文法的におかしな文章は修正されているだろうと思われる)し、文法を駆使して間違わないように読まなくてはならない文章(ようするに学者が書きそうな難解な文章)なら明らかな文法間違いの英文である可能性は低いだろうとも思う。

話がそれたが、英語は、というより言語は、音の世界に存在するんだということを忘れてはならない。

文字は、音を具現化しただけに過ぎない。あってもなくてもいい存在なのだ。

英文の音声を聴き、そのまま頭に意味が染みこんでくるようになるのが、英語脳とか英語回路とか呼ばれるものだ。これができるようになれば、とりあえずの英語の学習は完了だ。

これ以降は、語彙力を高めたり、文章力を鍛えたり、試験勉強したりと、英語がどうのこうのということではなくなってくる。幼児並の英語力でいいのか、大学教授のようになりたいのかだけの話で、これは継続的なインプットでなされる部分だ。

従って、英語学習、言語学習をするのなら、まずは音として英語(言語)を学習するところから始めるべきなのだ。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

-英語の勉強法

Copyright© 英語学習は音から! , 2018 All Rights Reserved.