言語は音の世界にある!文字は音を表記しただけだから英語は音で理解できなくては学習したことにならない

英語学習は音から!

発音

発音ができれば全て解決するか否かの大実験

投稿日:

英語は、というか言語は、音の世界にあるというのが私の持論。

だから、英語の音を聴き別けられるようになったら、後は英語のシャワーを浴びつづけることで英語が理解できるようなる筈なのだ。

聴くだけではなくて、もちろん音読も必要だ・・・

 

英語の音を聴き分けるには英語の発音ができなくてはならない

英語の音を聴き分けられるようになるためには、英語の発音ができなくてはならない。

 

話せない音は聞こえない。

聞こえない音は話せない。

 

だから、英語の音を聴き分けるためには英語の発音ができなくてはならない。

 

しかし、英語の発音ができない人が、どんなに頑張って練習しても、それが正解か否かの判断はつきにくい。

 

最終的には判断ができるのだが、それまでは疑心暗鬼の中を突き進まなくてはならない。

 

だったら、発音ができる人に、判断してもらえばいいのだ。それが近道というものだ。

 

英語の発音練習は習った方が早い

だから、英語の発音練習をするのなら、習いに行った方が手っ取り早い。

ネイティブよりは、日本人の方がいいように思う。

 

英語の発音が下手クソで、苦労して発音ができるようになった人なら、できない人の気持ちが分かる筈だ。

苦労なく身についた人には、その辺が理解できないものだ。

 

だから、あえてネイティブではなくて、日本人がいいと思う。

 

ネイティブに習うなら、ある程度できるようになった後の仕上げ段階の方がいい。

日本人の先生の発音が絶対的に正しいとは言いきれないし、もしかすると、その先生に聴き分けられない音の世界が存在するのかもしれない。

 

そんな才能があるか否かはおいといて、ネイティブに習うのは、英語を話す度胸をつけるという意味でも意味がある。

 

だから、英語の発音の仕上げはネイティブだ。時間とお金があるのなら短期留学もいいかもしれない。

 

そもそも語学留学とか短期留学というのは、そのために存在する。

よく英語を身につけるために留学するという人がいるが、それはやはり遠回りだ。留学は仕上げに行くところだ。それは上述したことが理由だ。

 

話がそれてしまったが、まずは、英語の発音練習をしようと思う。

 

ん?誰が?

 

それは私だw

 

「お前、英語できないのに偉そうなことを書いているのか?」という人がいそうだが、全くその通りだ。

 

だから、私が実験台になって、実証したいと思っている。

 

私の現時点の英語力

ちなみに、私の英語力だが・・・

 

英語の発音はカタカナ発音だ。以前に練習したことがあるので、たぶん「s」の発音だけは自信があるw

英語の読解力は、中学生以下だ。

中学生の頃の英語の成績は悪くなかったが、高校以降は全くダメだった。

今は、息子の高校入試の英語の問題が難しいと感じている程度の英語力だ。

 

中1レベルならまず問題ない。

中2レベルはギリギリ大丈夫か?

中3レベルはやや怪しい。

 

それでも中学生で習う単語なら大半の意味は分かるし、動詞の過去形や過去分詞もだいたい覚えている。

ただし、カタカナ英語としてだw

 

そんな私が、英語をものにできるか否かを試してみたいと思っている。

 

目標は、英語の本を、訳さず英語のまま理解できることだ。

加えて、ネイティブと軽いコミュニケーションがとれると嬉しい。道案内ができる程度でもいい。

そして、英語のドラマや映画を字幕なしで観たい。

 

そんなところが目標だ。

別に英語でライティングしたいというのはないし、TOEICなどもどうでもいい。基本的には、読む、聴くの2点だ。話せた方がいいに決まっているが、それは読むと聴くができた後のステップだ。

 

とりあえずは、読むと聴くの2点に絞っていきたい。

2点と書いたが、これは1セットであるのは、聞こえない音は話せないのと同じ理由だ。

 

さて、この目標を達するために最初にすることは、英語の音の聴き分けだ。

 

だから、英語の発音を習いに行こうと思う。一応私の目標は3ヶ月~半年を予定している。

たぶん、短い方がいい。半年よりは3ヶ月の方がいいと思うが、その辺は習いに行く講師の考えにある程度あわせるつもりだ。

 

素人が、文句を言っても仕方がない。あくまでも習いにいくのだから。

 

そして、この勉強の過程は、時々このブログにも公開していこうと思う。

 

私と、このブログを読んでいる人が、それぞれ英語ができるようになるために!

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

-発音

Copyright© 英語学習は音から! , 2019 All Rights Reserved.